« ミニクーパー(インジェクション)の噴射パルスをオシロスコープで計測 | トップページ | ミニクーパーに空燃比計装着 »

ミニクーパーにアドヴァンスフューエルレギュレター装着

ローバーミニクーパーの燃圧可変装置アドバンスフューエルレギュレーター画像BCさんのミニクーパーパーツ 
アドバンスフューエルレギュレター(AFR)です。
このmini cooper用パーツは車の負圧の変動を利用して燃圧を可変させるもので、国産車のテクノロジーとしては大昔からあるそうですが(訂正、国産インジェクションの負圧を利用したレギュレーターの目的は燃圧増加でなく、燃圧を一定にするためのデバイスでした)
ミニクーパーの装置としては画期的なものです^^;
左の金色が本体、右の銀色はセッティング用に追加した 電子式燃圧計(楽天市場) のセンサー部分です(大森メーター製)ローバーミニクーパーに取り付けた大森メーター電子式燃圧計センサー画像
ローバーミニクーパーに取り付けた大森メーター電子式燃圧計メーター部画像







今後もこのブログを見たいと思われた方は
人気ブログランキング←へクリックお願いします

このパーツ、気になってる人がいましたらコメントに何でも質問してください。自分のわかることならお答えしますよ。 ショップにセッティング任せてもいいのですが、自分であれこれいじれるので人任せにするのはもったいない気がします。

« ミニクーパー(インジェクション)の噴射パルスをオシロスコープで計測 | トップページ | ミニクーパーに空燃比計装着 »

ローバー、ミニクーパー給気系、排気系パーツ」カテゴリの記事

コメント

ネコミニさん、こんばんは。
この項目、すごく長くなりすぎたのでアドバンスチャンバーの方へカキコします。

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月25日 (金) 21時40分

参考までに、自分の勉強用教科書として
「グランプリ出版 自動車のメカはどうなっているか(エンジン系)」
これはわかりやすくていいですよ。ミニである前に車ですから^^ といいながら最近までまともに車の本読んだことなかったりします(縛)
ただ、興味がわいた分野に関しては読んだらだんだんわかるようになるものです。

投稿: ネコミニ | 2005年2月25日 (金) 19時55分

こんばんわ^^
まずはアンサーから
AVRの本体に右にVAC と左にSETの文字が書いてあるとおもいます。VACはエンジンのヴァキューム側、SETはAFRとの接続側です。
ホースを吸うときはVAC側からすってください。
そのときはSET側の配管もいったんはずしておかないとすえません。

最大燃圧の設定は自分の思う値でいいです。たとえばポールスミスさんの場合なら0.120Mpaですか?

あとはやってみれば燃圧計の動きとダイアルのまわし方ですぐにわかります。

エンジン始動状態でAFRとの連結ホースをはずして指などに押し付ければ、負圧がかかっているので吸い付くのがわかるはずです。AVRの調節を変えるとこの吸い付く力も変化します。

投稿: ネコミニ | 2005年2月25日 (金) 19時47分

●こんどはAVRをさらに右に回していくと燃圧がだんだん下がります。希望のアイドリング燃圧まで設定してAFR本体のロックナットを締めて終了。
⇒これは実際にやってみないと理解できません。正直、AVRを右に回せば燃圧値が上がり、左に回せば燃圧値が下がるものと思っていましたから。

●負圧がかかると燃圧があがるのではなく、負圧がかからなくなると燃圧があがる仕組みです。
アクセルを開けても回転が追いつかない状態(スロットル全開初期)スロットル内の負圧は大気圧に近づく…AFR燃圧上昇
高回転でアクセルを戻した状態、エンジンは吸い込もうとするがバタフライが閉じてるのでスロットル内の負圧が大きくなる…AFR燃圧下降
⇒この上が理解出来ていないのと同様、ここも理解出来ません。少しネットであれこれ調べてみます。

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月24日 (木) 23時07分

●アイドリング燃圧を設定するのは、はじめAVRの調節を左にいっぱい緩めます。
⇒OK

●この状態ではホースを口でスっても空気の流れは起きないはずです。
⇒Q)AVRの右側のバルブ、左側のバルブ、どちらのホースを外して吸った場合でしょうか?
それともどちらも同じ?
はたまた全く違う場所?

●次にダイヤルを右に回していくと、だんだん吸えるようになってきます。この吸えたか吸えないかぎりぎりのところをスタート位置として(ちょっとすえるぐらいがいいとのBCさん説明)、オリフィスを追加してラインをすべてつなげてエンジン始動。
⇒OK

●この時点で表示される燃圧が最大燃圧となるはずです。(ここで予定の燃圧までAFRを調節)
⇒Q)ここで言う予定の燃圧とは、私の場合0.120Mpa(ネコミニさんの場合は0.118mpaだったかな?)なので、そうなるまで下げるということでよろしいでしょうか?

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月24日 (木) 23時01分

ポールスミスさんのやり方で問題ないのですが、最大燃圧を先に設定したほうが手順ひとつ省けますから・・・・

投稿: ネコミニ | 2005年2月24日 (木) 19時19分

追伸、
負圧を基準にアイドリング燃圧を設定してるため、エンジン回転数が一定でないときはあわせたあとに変動します。完全に暖気が終わって、さらにしばらくさらっと流したあとにセットしたほうがいいです。

投稿: ネコミニ | 2005年2月24日 (木) 19時13分

負圧がかかると燃圧があがるのではなく、負圧がかからなくなると燃圧があがる仕組みです。

アクセルを開けても回転が追いつかない状態(スロットル全開初期)スロットル内の負圧は大気圧に近づく。AFR燃圧上昇

高回転でアクセルを戻した状態、エンジンは吸い込もうとするがバタフライが閉じてるのでスロットル内の負圧が大きくなる。AFR燃圧下降

このような挙動になるのですが・・・
わかりにくい説明でしたら、どんどん追加で書き込んでください。自分も最近までわかってませんでしたから^^;
まず、これを納得してもらわないと説明ができないので^^

投稿: ネコミニ | 2005年2月24日 (木) 19時10分

次にダイヤルを右に回していくと、だんだん吸えるようになってきます。この吸えたか吸えないかぎりぎりのところをスタート位置として(ちょっとすえるぐらいがいいとのBCさん説明)、オリフィスを追加してラインをすべてつなげてエンジン始動。
この時点で表示される燃圧が最大燃圧となるはずです。(ここで予定の燃圧までAFRを調節)
こんどはAVRをさらに右に回していくと燃圧がだんだん下がります。希望のアイドリング燃圧まで設定してAFR本体のロックナットを締めて終了。

投稿: ネコミニ | 2005年2月24日 (木) 19時03分

こんばんわ。
早速ですが、AFRの燃圧と負圧の関係について、先にまとめておきます。
AFRの設定の最大燃圧は負圧が0(走行中の状態は厳密には違いますが)のときに発生します。
簡単に言うと負圧のラインを引っこ抜いた状態であわせた燃圧が最大燃圧の設定値になるわけです。

ただ、このやり方で最大燃圧を設定しても走行中アクセル全開でもちょっと設定値より低くなります。
わかりやすく説明するために極端な例を挙げました。

アイドリング燃圧を設定するのは、はじめAVRの調節を左にいっぱい緩めます。
この状態ではホースを口でスっても空気の流れは起きないはずです。

投稿: ネコミニ | 2005年2月24日 (木) 18時56分

ネコミニさん、こんばんわ。
現状にオリフィスを取り付ける場合の作業手順ですが、
①ガソリンキャップを外して配管内の圧を下げ、燃圧計を取り付ける。
②エンジンをかけ、AFRを使ってアイドリング時の燃圧を0.098Mpa(数値は任意)に調整する。
③AVRを使って空ぶかし時の燃圧を0.120Mpa(数値は任意)に調整する。
④AVRの調整により変動したアイドリング時の燃圧をもとの値(この場合0.098Mpa)にもどす。
⑤エンジンを止める。
⑥私のミニの場合、AVR右側のバルブからブルーのホースが出ているので、それを(バルブに近いところで)カットし、オリフィスを使ってつなぐ(オリフィスをはさみ込む)。
⑦エンジンをかけ、オリフィスをはさんだことにより、変動したアイドリング時の燃圧をもとの値(この場合0.098Mpa)にもどして完了。

・作業手順は上記の通りでよろしいでしょうか?
・④の調整をとばし、⑦でまとめて行っても同じでしょうか?

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月24日 (木) 18時18分

ネコミニさん、こんばんわ。
ありがとうございます。
ほんと、いろいろな工夫をされていて、さすがだなぁと思います。
取り付け時期はもう少し先になりそうですが、是非自分でやってみたいと思います。
実際の作業に関しては、注意事項も多々あると思いますので、取り付けの際にはよろしくお願いいたします。

余談ですが、どんなパーツでもそうですが、それぞれに賛否両論があり、特にミニに関しては設計も古く、またインジェクション車に関しては、MEMSがネックになる場合が多いようで、何が正しくて何が間違っているのか分からなくなることがあります。
ネコミニさんの取り組みには、利害関係などなく、素直に一個人の楽しみとして、自分で取り付けやセッティングをされているので(つらいこともあるでしょうが)、私から見ればほんとすごい人です。

こんな素人に説明するのは大変かと思いますが、また懲りずに教えてください。

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月23日 (水) 21時20分

センサーはAFRのステーに穴を開けて取り付けてあります(燃圧計のステーをAFRのステーに取り付けるため)
同一ステーに取り付けないと、接続用の銅管が振れるとおもったので。
銅管の1部をコイル状に巻いてあるのも振動を吸収するための工夫です。(学術的根拠はないですが経験的に・・・・・)

もしご自分で試されるなら、できる限りのバックアップはしますよ^^
ただ、ショップに取り付けをいらいされるときは、
リンクにある大森メーターさんのHPに取り付け可能ショップの一覧がありますので、そこでしてもらってください。
それ以外のショップに出すなら自力でがんばったほうがいいとおもいます。

持ち込みパーツなのに何かあったら致命的な部分(燃料ですから・・・・)そんな部品取り付けたのむのかわいそうですから・・・・

BCさんやカーセールアオキさんなら技術的に平気でしょうが、マナーとして取り付け経験のないところには頼まないほうがいいです。

投稿: ネコミニ | 2005年2月23日 (水) 19時25分

こんばんわ。上記の内容で間違いないですよ。
オリフィスはどちら側に入れても効果は出るとおもうので、うまくいかないときは入れ替えるというても・・・
あと、センサーは銅管でAFRと連結しています。
キットに付属のままではやや長すぎたのでパイプカッターで切断したほうがいいかもしれません。
接続部分は金具を締めこむまでは長さを自由に変えれる方式なので。

投稿: ネコミニ | 2005年2月23日 (水) 19時24分

すいません、AFRのトップとAVRの右側が繋がっていたというのは、さだかではありません。
たぶんそうじゃなかったような気がします。
したがって、セッティングが正しいとした場合、AVR右側のジャックと相手側の間(ホースの途中)にオリフィスを挟み込むとい理解でよろしいでしょうか?

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月23日 (水) 07時09分

ネコミニさん、こんばんわ。
画像見ました。ありがとうございます。
電子式燃圧計とオリフィスの取り付け、なんとなく見えてきました。
なんとなくというのは、私は自分でAFRとAVRを取り付けた訳ではないので、何と何がどのように繋がれているのかよくわかりません。
したがって、ちょっと意味不明な質問があるかも知れませんがお許しください。

まず、一番最初の画像を①とし、最後のデイトナミニを⑧とさせていただきます。

【電子式燃圧計の取り付けについて】
私が取り付ける場合、燃圧計のみを車内に引き込もうと思います。
その前提で、取り付け方法は、
・(画像④)電子式燃圧計の下から出ているコード?を(画像⑤)AVR本体のメクラネジを外して繋ぐ。
・電子式燃圧計本体(メーター)の取り付けは、センサー上部のコードを車内に引き込み本体(メーター)と繋ぐ。
以上のような理解でよろしいでしょうか?

【オリフィスの取り付けについて】
(写真⑤)AFRとトップと(写真⑥)AVRの右側ジャックがホースで繋がっていると思いますが、そのホースの間にオリフィスを挟み込む。
以上のような理解でよろしいでしょうか?

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月22日 (火) 22時10分

ネコミニさん、早速画像を追加してくださったのですか?
ただ残念なことに、先ほどの書き込みもこの書き込みも、仕事の合間(休憩中)に携帯から書き込んでいるので画像を見ることが出来ません。
帰ったら早速みさせていただきます。

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月22日 (火) 16時55分

写真追加しました・・・わかりますか^^;
ヴァキュームレギュレター連結には黒いホースを使用しています。ホースとオリフィスの連結に青いシリコンチューブを使っています。
車内に引き込むにはキットに付属していた黒くて細いホースのほうが便利なんですよ。AFR本体との連結もシリコンチューブを少しだけ使っています。

写真の下に白いつなぎ手が入っていますが、負圧計とつなげているためです。

投稿: ネコミニ | 2005年2月22日 (火) 13時19分

ネコミニさん、こんにちわ。
早々にご連絡をいただきまして、ありがとうございます。
今後、自分の調整に役立てたく、お願いがあります。
内容は「オリフィスを取り付けられている部分(接合部分)」と「AFRに電子式燃圧計を取り付けられている(接合部分)」の「拡大画像」と「ちょっと引いた画像」を見せていただけないでしょうか?
知識が乏しいもので、文章だけではなかなか理解出来なくて…。
急ぎませんので、お時間があるときで結構です。
よろしくお願いいたします。

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月22日 (火) 12時13分

あ、そういえば 自分がアナログ燃圧計つけたときは分岐から燃圧計まで30cmほどの長さの燃料パイプでつなげてました。ここが短すぎると針が振れるかも????

投稿: ネコミニ | 2005年2月22日 (火) 05時36分

勝手に割り込み補足ですが、

計器に繋がる配管のエア抜きは、計器側の配管内が全部液体(非圧縮性の液体)になると、燃圧の変動(脈動)なんかをダイレクトに拾ってしまう(エアのダンピング作用が無くなるので)ので針の細かい振れが止まらなくなります。

なのでエア抜きは必要ないと思います。
(有る程度の機械的なフィルター?も必要)


針の揺れを気にされるのなら、有る程度の配管長は必要になると思います
まぁ液体の種類、配管の径・材質・曲がり、オリフィスの有無・位置・径等で変わってくるので一概にいくらならいいとは言えませんが・・・(やりすぎると必要以上に感度が悪くなる)

そのへんは油圧計も似たようなモンです

いろいろ試してみて楽しむ?しかないですね

投稿: JPD | 2005年2月21日 (月) 23時36分

こんばんわ^^
燃圧計のエア抜きは針の振れとはたぶん関係ないです。 油圧計などはエア抜きの必要がないというか、しないでくださいとのめーかーの注意書きがw
原因はBCさんに尋ねたほうがいいかもしれませんね・・・

オリフィスはヴァキュームレギュレター付属の青いシリコンチューブを連結用に使うと楽にはさめます。
バイク用品店(南海など)でデイトナのジェットセット探せば種類いろいろあります。


電子式燃圧計ですが、原理はおそらくダイアフラム式圧力センサーです。センサー部分に圧力がかかるとその圧力でセンサーの抵抗が変化して電気信号として出力されます。
値段は検出レンジによって変わります。
大森メーターの燃圧計はフルレンジ6kgでヤフオク価格2万円ほどですが(納期2週間ほどかかります)、10kgレンジのものなら探せば1万円ほどであります。
レンジが大きくなれば人が目で見てみにくくなるので、理想は2kgレンジのものがあればいいのですが・・・・
センサーの取り付けはAFR本体のネジからつけれるので、どんなセンサーでもネジサイズ変換すればボルトオンが可能なはずです。

投稿: ネコミニ | 2005年2月21日 (月) 22時55分

ネコミニさん、こんばんわ。

①アナログ燃圧計の件
BCさんのHPに専用と記載されていたのでそれを購入して使用しています。
このアナログ式燃圧計は、エアー抜きがなく、またメーター内に何も入っていない(通常はオイル?が入っているのでしょうか?)ものです。
多分、価格を抑えるためにそのような仕様になっていると思われますが、正確さという部分ではどうなんでしょうね。実際に針が左右にふれているので、とりあえずは、ふれのセンターで読んで調整(設定)しています。

②調整の件
a)ミニネコさんがおっしゃる「スロットルワイヤーの調整(全開にならないように)」をまずやってみようと思います。

b)オリフィスの取り付けは、ユーザーレポート(BCさんのHP)を参考にさせていただいたらよろしいのでしょうか?(自分で出来るかな?)

③電子式燃圧計の件
c)「AFR本体のメクラネジをはずして取り付けました」とありますが、電子式はどのような仕組みで燃圧を読み取るように出来ているのですか?

d)ミニネコさんが取り付けられた今回の「電子式燃圧計」、費用は全部でいくら位かかりますか?

質問ばかりですいません。

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月21日 (月) 22時07分

追伸
アナログ燃圧計をつかったときも、燃圧計が震えることは自分はなかったのですが、燃圧計はBCさんのものをつかっていますか?
自分はBCさんのではないですが、燃圧計の根元にオリフィス(流量を安定させるもの)が内臓タイプでない場合針が振れることがあるそうです。

投稿: ネコミニ | 2005年2月21日 (月) 20時35分

こんばんわ^^
燃圧計は電子式なので運転席で常に監視できます。
AFR本体に1/8PTネジが切ってあるのでそのままそこのメクラネジをはずして取り付けました。
この方法なら燃料ラインにT字のアダプターをつける必要もありません。
国産車のプライベートチューナーのかたの中には燃料ラインをそのまま室内に引き込んで燃圧みてる人もいるようですが、何かあったら死の予感がw

AFRセッティングはコンマ単位の燃圧の調整より、とにかくいろいろ試して自分の車両に合った燃圧挙動の方向を感じ取ることにあるのじゃないでしょうか?
アナログ燃圧計は毎回取り外すのがかなりめんどくさいのでこのあたりがネックになるとおもって・・・・

ポールスミスさん、スロットルワイヤーの調節を全開にならないように調節してみるとけっこうフィーるがよくなりませんか? あとヴァキュームレギュレターにオリフィスを入れるのもいいかも・・・・

どちらも加速補正によるカブリを回避しやすくなるとおもうのですが。

投稿: ネコミニ | 2005年2月21日 (月) 20時26分

こんにちわ。ご無沙汰しております。
BCさんのところで何度か書き込みをさせていただいた『ポールスミス・ミニ』です。
しかし、いつも感心ばかりしておりますが、凄いですね。
これってメーターを車内に設置するのですよね。それに電子式ということは、社内にバキュームホースを引き込まなくても済むのですか?
そうだとしたら安全だし、燃圧調整をしたい時にわざわざ燃圧計を取り付けなくて済むし、いいですね。

私は、相変わらず体感でしか変化を感じられず、また燃圧計のレベルは0.01Mpa単位、実際の調整は0.001Mpa単位を要求(シビア)、おまけに燃圧計の針は左右にブルブルふるえるわで、なかなかBCさんのおっしゃる『個体差による微調整』が理解できていません(どうなればBestなのか)。
したがって、とりあえず今はアイドリング時の燃圧を0.098Mpaくらいに、空ぶかし時の燃圧を0.120Mpaにしています。

投稿: ポールスミス・ミニ | 2005年2月21日 (月) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119022/4748559

この記事へのトラックバック一覧です: ミニクーパーにアドヴァンスフューエルレギュレター装着 :

« ミニクーパー(インジェクション)の噴射パルスをオシロスコープで計測 | トップページ | ミニクーパーに空燃比計装着 »