« のっティに乗ろう! | トップページ | 捨て猫 »

ローバーミニ、ミニクーパーにオイルクーラー装着(最終バージョン)

自動車部品アールズの90度フィッティングパーツが着たので、ミニクーパー(mini cooper)のオイルラインのやり直しです。
はじめはこんな無駄な配置でした・・・・かっこ悪いTTローバーミニクーパーのオイルクーラー取り付け画像1
90度フィッティングを取り付けて位置決め後、ホースをグラインダーで切断。(鋼管などを切断するバイスつきグラインダー?があれば理想ですが、普通のグラインダー+切断用砥石の組み合わせでもいけます)ローバーミニクーパーのオイルクーラー取り付け画像2ローバーミニクーパーのオイルクーラーホースライン画像1
グリルをはずすときにクーラーコアを逃がしてやるために片側は結構長めにしてやります。ローバーミニクーパーのオイルクーラーホースライン用グリル加工画像1
97年以降のミニクーパーは本国使用のフロントラジエーターがはまるためにグリルとボディーの間に隙間があるのですが、すこし狭いのでグリル側もグラインダーで切り取ってオイルラインを通してやります。
ローバーミニクーパーのオイルクーラー取り付け画像3 コアをずらせばグリルのだっちゃくが可能です。
ローバーミニクーパーのオイルクーラー取り付けフロントマスク画像 完成しました。ホースは無駄に出ていないのでいい感じに見えます。
グリルのデザインにオイルクーラーが埋もれているのでそれほど下品なイメージにはなってません・・・・よね?
テストコース走行 時速120km以上でも油温が85度ぐらいで安定します(外気温度30度以上でした)
限界のスピードでも油温は変わらず・・・・しかし油圧は取り付け前より2kgほど高く表示されます。
エンジンブロックから油圧を取ってるのですが、ミニスーパーメンテの説明図からみるとこの場所はフィルター、オイルクーラー入力前の圧力のようです。友人から損失が増えてるとの指摘ですが、オイルポンプに負担がかかるってことかな・・・・・
オイルラインを短くしたので初めのころよりは油圧下がったようですが・・・・
ライン取り付けの注意
今回はアールズフィッティング、片側ストレート、片側90度の組み合わせでしたので距離だけ考えればちゃんとつきましたが、両側90度のフィッティングをホースにつける場合は金具取り付け時点でフィッティングの首振り角度を考えないと取り回したときにつかなくなります。
お金に余裕があれば途中に連結用フィッティングで角度に自由度を持たせると楽でしょう。

追記

猛暑のときは街中で普通に走っていても油温が80度をこえていました。 オイルクーラーが役に立ってくれてます。

さらに追記

オイルクーラーコアの容量はアールズ16段で十分足りてそうです。 グリル内側にエアコンつけたまま装着できるサイズでどうなるかは不明です・・・・誰か試してくださいw
まあ、お金があればエアコンとって、エンジンルームすっきりさせて、 リアに装着する電動エアコンつけるんですけどね・・・・・(←どこまでもへたれ)

ミニクーパーのオイル関連の楽天市場パーツ

今後もこのブログを見たいと思われた方は人気ブログランキング←へクリックお願いします

« のっティに乗ろう! | トップページ | 捨て猫 »

ローバー、ミニクーパー冷却パーツ」カテゴリの記事

コメント

ハコスカのTS仕様って感じ???


> 友人から損失が増えてるとの指摘ですが、オイルポンプに負担がかかるってことか

曰く、PQ特性から流量確実に減るよ

某可変バルタイENGは、流量にシビア?で、外付けのオイルクーラー付けるとブローしやすくなるってウワサ?
すでに純正で、水冷のオイルクーラー有るんだけど・・・

投稿: JPD | 2005年7月25日 (月) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローバーミニ、ミニクーパーにオイルクーラー装着(最終バージョン):

« のっティに乗ろう! | トップページ | 捨て猫 »