« ローバーミニ、ミニクーパーのブレーキディスクの温度を見てみよう | トップページ | ローバーミニ、ミニクーパー用HKSエギゾーストダウンパイプ 取り付けステー破損 »

ローバーミニ、ミニクーパーのプラグコードの違いによる検証

えーミニクーパー(mini cooper)の車パーツ検証といいましても・・・・自分はこの分野に関してズブの素人で、かろうじて身の回りにある計測機器で捉えることのできる現象をネタにしているだけですので、点火エネルギーがどうの、出力がどうのと理論的には説明できません。
ただ、せっかくつけたパーツがなにかしらの変化を及ぼしていると納得したいだけかもしれません^^;
少し前に計測したのですが、ミニクーパーのプラグコードをノーマルからスプリットファイアに交換したときのネタです
ローバーミニクーパーのスパーク電圧計測画像1 デジタルオシロスコープ(USB接続 12ビット2chオシロ「Stingray」)を使用してプラグコードにコードを巻いて誘導電圧を測定しました。
スパーク電圧なんて直接測定できる機械はさすがに持ってません。
MINIのノーマルプラグコードとスプリットファイアプラグコードの比較です。
スプリットファイアのほうが誘導電圧が大きいですね。ローバーミニクーパーのスパーク電圧計測画像(スプリットファイア)
←スプリットファイアプラグコードローバーミニクーパーのスパーク電圧計測画像(ノーマル)
←ノーマルプラグコード





なんで、このネタを掘り出したかというと・・・・実は続きがあったりします^^

スプリットファイアプラグコードの新型パーツ、なんかふくらみが途中にあるよね・・・・・
あれに似たようなことをすでにミニクーパーにやってみた人がいました^^
リンクの「MINIでもいいっスか」のk3さんです。
早速自分のミニクーパーも盗作w
使用したのはTDKのEMC対策品ZCATシリーズのセパレート型フェライトコアです。
メーカーの仕様書見てみると・・・・あれ・・・・対象のコードをひと回りさせるのか・・・
プラグコードにかませただけだとノイズ対策として効果あるのかな・・・・まあ
「フェライトコア」って「ブライトノア」みたいでカッコイイからOK!!
プラグコードに割り込ませます。つめで引っかかるので取り外しも自由です。
ローバーミニクーパーのプラグコードにフェライトコア装着画像1
ローバーミニクーパーのプラグコードにフェライトコア装着画像2フェライト4兄弟♪(古いって) Pa0_0003
いちおうオシロスコープでチェックしてみたのですが、フェライトコア装着前後で波形に違いは見えませんでした・・・・はたしてGテックで違いがでるのか?!
明日の計測が楽しみです^^

ミニクーパーのプラグコードにフェライトコアを取り付けてGテックによる馬力計測を行いました。
JPDの突込みにもあるとおり、周波数云々考えずにとにかく手に入るパーツで試した結果です。 ローバーミニクーパーのフェライトコア装着加速度計測画像
赤:フェライトコアあり 
緑:フェライトコアなし

んーーーどっちもどっちです・・・・
馬力、トルク特性は若干つけないほうがいい気が・・・
加速度のグラフで比べるとほとんど同じですね。
他のミニクーパーでの効果はどうなんだろう・・・・効果が感じられたコアの型番情報コメントください^^;

スプリットファイアからは こんなのも(楽天市場) 出ているので気になりますw

今後もこのブログを見たいと思われた方は人気ブログランキング←へクリックお願いします

« ローバーミニ、ミニクーパーのブレーキディスクの温度を見てみよう | トップページ | ローバーミニ、ミニクーパー用HKSエギゾーストダウンパイプ 取り付けステー破損 »

ローバー、ミニクーパー馬力計測1」カテゴリの記事

コメント

え?前フリ?

投稿: かわうそ | 2006年4月28日 (金) 00時52分

(・w・b 前振りですw

投稿: nekomini | 2006年4月27日 (木) 21時20分

あ、前フリですか!?

投稿: k3 | 2006年4月26日 (水) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローバーミニ、ミニクーパーのプラグコードの違いによる検証:

« ローバーミニ、ミニクーパーのブレーキディスクの温度を見てみよう | トップページ | ローバーミニ、ミニクーパー用HKSエギゾーストダウンパイプ 取り付けステー破損 »